プロペシアだけで髪が生える?

AGA治療で処方される薬としてプロペシアがあります。
この薬はAGAにとても有効な薬とされ、多くの医療機関がこの症状の治療薬として利用しています。
ただ、病院でこのAGA治療を受ける方の多くはこのプロペシアを服用することで発毛効果も期待できると考えている方も多くいるのではないでしょうか。
AGA治療というのだから抜け毛が改善され、以前のようなフサフサに髪が生えてくると考えている方もいるようです。
しかし、このプロペシアは症状の進行を止めるものであり発毛を促すような効果が期待できる薬ではありません。
そのため、発毛効果を得るためにはプロペシア以外の薬の服用や生活改善が必要になります。
病院ではこのプロペシアとミノキシジルという薬を処方する病院もあります。
ミノキシジルは血管を拡張させる作用のある薬です。
発毛効果を得るためにはまず、頭皮にしっかりと栄養や酸素を届ける必要があります。
そのためは血流を促進させることが大切です。
このミノキシジルを服用することにより血管が拡張し血流が促進され、頭皮にしっかりと栄養や酸素を届けることができます。
そのため、このミノキシジルは発毛効果を得るための薬です。
また、発毛を促すには生活改善が大切です。
喫煙などをしていると血管が収縮してしまい血流が悪くなります。
プロペシアでAGAの進行を止めることができても血流が悪いことで発毛どころか抜け毛の原因ともなりますので注意が必要です。
このように薬だけでなく生活改善をする努力をすることで発毛が促されます。
ただ、AGAの症状ではまず進行を止めることが大切です。
この症状の進行を止めずに発毛効果を得ようとしても効果はあまり期待できません。
この症状に対する治療を受けながら発毛効果の得られる対策をすることが重要です。