禁煙が抜け毛防止に繋がる?

禁煙すると抜け毛防止になると言われていますが、その理由は血行にあります。
喫煙すると血管を収縮させ血行を悪くしてしまいますので、頭髪環境にも悪影響を与えてしまいます。
禁煙により血行が改善されれば、毛母細胞の働きを高めることが可能です。
一方で禁煙により抜け毛が多くなってしまう場合もあります。
抜け毛にはストレスが関係していますが、禁煙のストレスにより抜け毛が増えてしまう場合もあります。
抜け毛を予防し髪の毛の成長を促すには、プロペシアなどの医薬品に頼ることも可能です。
プロペシアは簡単に言えば、成長期や退行期に移行してしまう成分を阻害することで、成長期を長くしたり休止期から早く成長期に進ませることが可能です。
プロペシアは高い改善効果が期待できますが、禁煙により血行を良くすることも必要です。
禁煙だけではなく運動をすることでも血行を改善することが可能ですが、プロペシアに頼るのも良いですが抜け毛を改善できる体を作ることも必要です。
プロペシアは医薬品ですが健康保険の対象とはなりませんので、ジェネリック医薬品を選ぶのも良い方法です。
効果の高い医薬品には必ず副作用がありますので、服用する場合には医師の指示を守り正しい用法用量で使用することが大切です。
副作用の中では肝機能障害がありますが、肝機能に問題を抱えている人は注意が必要です。
禁煙により抜け毛が減る場合もありますし、逆に増えてしまう人もいますが、個人差がありますので必ずしもどちらが正しいとは言えないのです。
プロペシアには医薬品としての効果の他kさがありますが、禁煙には医薬品のような効果はありませんので、必ず良い結果が出るとは思わないで努力することが大切です。

1日100本程度までは正常な抜け毛

シャンプーのあとや、枕についている抜け毛の本数が増えてきたと感じると、
髪の毛が心配になってしまいます。
しかし、人間の髪の毛は平均で10万本生えていて、
1日に何もしなくても50~60本は抜けています。
シャンプーは髪を洗い流すので、どうしても抜け毛が目立ちますが、
30~40本ほどであれば自然の抜け毛で問題はありません。
合計すると、1日に100本程度なら正常な抜け毛と言えます。

シャンプーの際に抜け毛があるからと言って、頭を洗わないのは逆効果です。
汚れが毛穴をふさいで、炎症を起こしてしまうこともあるので、
清潔な状態を保つためにも、きちんと洗う必要があります。

抜け毛が1日に100本を超えるようになると、自分でもわかるほど、
髪の毛の状態が減っていきます。

そのような場合は、病院を受診し、髪の毛の状態を診察してもらいましょう。
早目の受診であればあるほど、効果は早くでます。

薄毛治療に使われる薬で有名なのは、プロペシアです。
プロペシアは商品名で、一般名はフィナステリドと言います。

プロペシアには、ジヒドロテストステロンという、
抜け毛を促進する物質を生成するのに必要な酵素を阻害する働きがあります。
そのために、成長途中の毛の抜け毛を防ぎ、細くなってしまった毛にハリやコシを与えます。

臨床試験でも、効果があることがはっきりと証明された薬ですが、
健康保険は適用されません。
また、ドラッグストアなどでは販売されていない薬なので、
病院へ行って、処方箋を出してもらわなければいけません。
1カ月に1度の来院で、髪の毛の状態を確認しながら、薬の処方が行われます。
プロペシアは効果的な薬ですが、すぐに毛が生えるものではなく、
長期的に飲む必要があります。